高岡市T様邸 【和モダンを演出する「白と黒」の使い方】

いつも読んでくださってありがとうございます。

さて今日は・・・

「和モダン」な趣の高岡市T様邸を白と黒を意識してご覧いただきたいと思います。

最近、お若くても「木」がお好きな方や「和」や和までいかなくても「オシャレに和を楽しみたい」そんなお客様とのご縁が増えてまいりました。

こちらのT様ご夫婦も、木が大好きでちょっとモダンな感じで和を楽しまれました。

ポイントは「白と黒」の使い方です!

・真っ白な自然素材の塗り壁。
・オーダーメイドの建具は黒塗り。
・天井の梁、窓枠、階段手摺も黒色で揃える。

そうすると、自然素材のやさしい空間もグッと引き締まります。

064A0504.jpg

そして・・・

その中にドスンとかまえるのは奥様一目惚れのリクシル・トップグレードのキッチンです。
064A0638.jpg

トップグレードらしい落ち着いたグレーが白と黒の中にそっと佇むなんとも落ち着いた空間ですネ!

064A0590.jpg

「和モダン」と、一口に言っても人れぞれに感性は違いますから仕上がりも違います。

また・・・

「和モダンっぽくしたいけど、難しそうで...。」そんな声も、先日の完成見学会でお聞きしました。

実は・・・

そう難しくはないのです。


例えば・・・

ご覧いただいた、この白と黒のT様邸。

黒塗りされた建具や梁や窓枠が「木」本来の色のままなら自然素材の家らしい、とてもナチュラルな家。

そう、基本はナチュラルな家なんですね。

アナタのお好きな色でアナタ好みの和モダンな家をつくることが出来ます。

これから家づくりをされる皆さまには是非!
「色」を意識して、楽しんで家づくりをしていただきたいです。


それでは、今日も最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。

PageTop