南砺市 K様邸

Point①
【つながりワークスペース】

145A1463.jpg
 ↑こちらのリビング奥がワークスペースです。

家づくりを始めますと、ご主人様からの要望でよくでるのが「書斎」。ところが、この書斎...奥様にはあまり良い印象がないのです。なぜだと思いますか?

家に帰ってまで仕事をされるご主人様方...
ちょっとゴメンなさいねm(_ _)m

ここからは主婦の率直な胸のうちです。
「書斎」と言うとどこか閉鎖的で孤立的な感じがしますよね。それが奥様には少し気に入らない(^^;

・私は家事育児してるのに...
   主人は自分の部屋に閉じこもり?

・洗濯物を干す間だけでも
   子供を見ていてほしいのになぁ〜。

・なーんか、近くにいるのに
   すごく遠くにいるみたいで寂しい(´ρ`)

結局...戸をバタンと締めらると寂しいのです。

とは言うものの...まさかの新型コロナウィルスの出現で在宅ワークも避けられない方も増えました!
K様のご主人も、ワークスペースは必須‼️

そこで辿り着いたのが新しい生活様式に対応した「つながりワークスペース」のある家です。
145A1583.jpg

そう!家族のいるリビングと、ゆる〜くつながる「仕事空間」です。

これなら奥様もすぐに声を掛けられるし、
声を掛けられた旦那様もすぐに気付きます!

これなら奥様も寂しくありませんね(*'▽')
ちょっと子供たちを見てもらうのもOK♪
中庭で遊ぶ子供たちが見える目線の高さの小窓も奥様には安心♪

145A1838.jpg

☝奥様の味方ばかりではありませんよ!
旦那様が仕事に集中できるように、つながりの中で工夫をしてあります。

・明るすぎない落ち着ける空間に!

・机の一枚板を濃茶にして落ち着き感UP!

・床板の材質は椅子にも耐えられる「栗」に!

・窓から見える、生垣の緑と空に癒される!

実は「つながりワークスペース」を作るに当たっての最大のポイントは...

・床の色をあえてリビングと変えたこと!

これによって、つながりながらも個室感があじわえます。子供たちの声はするけれど、きっと書斎の空気も感じて頂けると思います。

これから家づくりをされる方でワークスペースが必要な方に参考にして頂ければ幸いです。


--------------------------------


Point②
【限られたスペースを広く使う】

家づくりは十人十色。
生活スタイルや家族構成によって間取りも動線も
どのスペースに重きを置くかも違います。

4人家族のK様は「畳スペース付きのとにかく広いLDK」に拘られました。
145A1535.jpg

しかも夫婦の先の暮らしを考えて...
どうしても主寝室は1階に欲しい!
145A1607.jpg

ランドリールームも絶対欲しい‼️
145A1676.jpg

子供を2人一緒に入れるにはお風呂もちょっと
広い方がいいよね‼️
・
・
・
こうなると...「玄関は普通でイイよね?」

それなら少しでも広く!少しでも使い勝手が良くなる工夫を!そんな玄関がこちらです↓
145A1771.jpg

お子様の濡れたカッパや傘も自分で掛けられるよう可動棚を利用。雨や雪の多い北陸には重宝します♪

何より広く使えるのが、斜めに突き出した床部分!
145A1780.jpg

2人のお子様とのお出かけは、荷物も多いし
靴の脱ぎ履きにも少しでも広いとラクですよね?

ほんの少し、床面積が増えただけですが
お子様のお世話をするママの楽ちん度は倍増です!

「リビングを広くしたいから
   玄関は狭くても仕方ないね〜」

そんな方に参考にして頂けたら幸いです♪


--------------------------------

Point③
【キッチン横の畳スペース】

畳スペースから見た キッチンです。
145A1618.jpg

一枚の絵...みたいですネ!

最近、お若い方にも「畳」を好まれる方が増えています。

特に、K様のように小さなお子様がおいでたり
これから出産を迎えられるご夫婦から
「畳のスペースがあったらイイなぁ」と。

そんな方々が好まれる場所がこの様なキッチンのすぐ横なんです(*'▽')

お昼寝の時も家事をしながらでもお子様が目に入るから安心♪

145A1698.jpg


中には誕生後しばらくは夜泣きもあるので、旦那様の睡眠不足対策として寝室を別にされる方もおいでます。

そこで活躍するのが畳スペースです。
何より、水回りに近いのは助かります!

もうひとつの利用の仕方が「子供の遊び場」。
無垢材の床は子供たちにも優しいですが、デメリットはキズが付きやすい事です!

もちろん、キズも味わいの内です。
それでも なるべくなら...

と、言うわけでオモチャ遊びは畳のお部屋で!と、
お約束するわけです。躾にもなりますね。

145A1612.jpg

今では畳の色も畳縁のデザインも豊富で組み合わせも自由に選べます。
あれこれ悩んで選んだ畳は家づくりの思い出に♬

--------------------------------

Point④
【将来仕切れる子ども部屋】

リビングからの明るい階段を上がると...
145A1759.jpg
145A1750.jpg


広々とした子ども部屋が♪
145A1726.jpg
145A1720.jpg

小さなお子様お2人は、まだまだ1人部屋は不要です。それよりも思いっきり一緒に遊べるスペースがあると、ステイホームの間やお天気の悪い日も助かりますね。

将来必要になった時には、もちろん部屋を分けられるように扉や窓を配置していますので安心です!

--------------------------------

Point⑤
【キッチン奥のパントリー】

145A1694.jpg
収納たっぷりのパントリーには、ちょっとした土間があります。

泥のついたお野菜やごみの一時置きに...
あると本当に重宝しますよ♪


--------------------------------


Point⑥
【屋根のデッドスペースを収納に】

145A1846.jpg

こちらは屋根のデッドスペースを上手く利用して、
季節の布団や家電、飾りの収納スペースとなっています。

少しでも収納を多く!置く家具を少なくして
お掃除をラクにしたい方の参考になれば幸いです。

メニュー