南砺市 S様邸

【夫婦と子供二人が健康にのびのび暮らる家】

主寝室は1階。
グルリと回れるラクラク家事動線。
家事をしながら使えるワークスペース。

今も将来も、ご夫婦がラクに暮らせる
「平屋スタイル」です。
--------------------------------

Point①
【どっしりと貫禄のある外観】
145A7653.jpg

暮匠の建てる家は...
ローンを払い終わるまでは、メンテナンスになるべくお金をかけなくても良い、強くて丈夫なガルバ二ウム鋼板をお勧めしています。
それはサイディングやタイルなどより軽いので、家に負担がかかりにくいからです。

向かって右側のシャッター内は、趣味に使われるちょっとしたガレージルームです。完成見学会の折には、キッズスペースとしてお借りしましたが、秘密基地のようでお子さまも楽しく遊んでおられました。

145A7671.jpg

丈夫なガルバ二ウムで貫禄ある外観ですが、扉まわりに木目を配することで、柔らかさも感じられますね。

--------------------------------

Point②
【壁でさりげなく分ける玄関】
145A7680.jpg
こちらは玄関扉を開けて正面です。
左側の扉がリビングにつながります。

右手の壁の奥には...
145A7678.jpg
ファミリー用のシューズクローゼットがあります。
少しのことですが、すっきりとした玄関を保ちやすくする工夫です。

ファミリー用玄関の奥には、寝室につながる扉があります。

--------------------------------

Point③
【畳スペースのある 明るいリビング】

145A7688.jpg
大きな窓から、たっぷりと明りが入ってきて気持ちの良いリビングです。

 床は無垢材。 壁は塗り壁。

つい、ゴロンとしたくなる空間です。

そしてゴロン、としたくなったら...
はい、すぐ横に畳スペースがございます!
145A7846.jpg

145A7728.jpg
暖かい陽射しの中、
木と畳の香りに包まれてウトウト...
最高ですね♪

145A7993.jpg
畳縁には、可愛らしい桜が並んでいます。
お子様が小さなおててで数えたりされるのでしょうか。幸せな風景が目に浮かびます。

お子様の遊び場にしたり、小さいうちは一緒に寝たり。何かと重宝な畳スペースです。

--------------------------------

Point④
【土間付パントリーのあるキッチン】

145A7802.jpg
リビングで遊ぶお子さまをいつも見守れるキッチン。床の色と馴染んでいて、優しい雰囲気です。

145A7864.jpg
キッチンすぐ横の扉がパントリーです。

DSC_0151.JPG
土間スペースは、
「直接床には置きたくないけど、室内に入れておきたい泥付き野菜」や、「ごみの日までの一時置き」などに便利なのでオススメです。


--------------------------------

Point⑤
【家事をしながら使えるワークスペース】

145A7820.jpg
こちらはキッチンのすぐ横にある、ワークスペースです。

調べものをしたり、保育所のお便りを整理したり。
「家事」の中には...料理・掃除の他に、事務仕事が結構ありますよね。

それを鍋を煮込んでいる間にでも、ササっと出来たらとてもはかどります。

ダイニングテーブルで作業する場合は、食事のたびに片付けて中断しないといけませんが、こちらのスペースならその必要はありません。

ダイニングテーブルを、物置状態にしないためにも⁈ キッチン横のワークスペースを、参考にされてはいかがでしょうか?

--------------------------------

Point⑥
【グルリと回れるラクラク家事動線】

ワークスペースの横には、タイルの壁がかわいい洗面スペースがあります。
その奥にトイレ、ランドリールーム、バスルームの水回りが配置されています。
145A7932.jpg

145A7921.jpg

145A7916.jpg
トイレももちろん塗り壁です。
ちなみに...階段下収納やクローゼットの中に至るまで、全て塗り壁にされましたので、どこにいても気持ちの良い空気です。
145A7943.jpg
ランドリールームからは、1階主寝室につながっています。

145A7955.jpg
右奥はウォークインクローゼットです。

145A7953.jpg
そして寝室から玄関へ。
見事にグルリと回遊できて、無駄なスペースが全くありません。

--------------------------------

Point⑦
【2階スペースはシンプルに】

リビングからの階段を上ると...
145A7860.jpg


145A7960.jpg
今は広いワンルームですが、必要に応じて仕切ることが出来ます。

小さいお子さまにとっては、大空間です!
外で遊べない日も、思いっきり遊べますね。

お子さまが成長されて、個室が必要になった時には
いつでも仕切れるよう考慮して、入口もコンセントも窓も配置されています。

現在クローゼットは一か所ですが、仕切り壁を兼ねたクローゼットにすれば、収納の心配もありません。


ご夫婦が考え抜かれた間取りは生活に馴染み、歳月が経ってますます心地よさが増すのではないでしょうか。
皆さまのお家づくりの参考にして頂けましたら幸いです。

メニュー